忍者ブログ
アイドルマスターであれこれ作ります。

[1] [2] [3] [4] [5] [6]
先日開催された
「THE IDOLM@STER MR ST@GE!! MUSIC♪GROOVE☆2nd SEASON」
に参加してきました。



私は
9月17日 やよい2回目(一般チケット L列)
9月23日 律子1回目(先行チケット C列)
10月8日 やよい1回目(先行チケット E列)
にそれぞれ参加しました。(亜美真美はチケット落選でした)



5月の公演時に、いつかはやよいもと言って希望していたのが実現した形です。
関連:今が未来さ! アイマスMRステージを体験してきました

2ndでの変更点というか基本的な構成は5月の1stと一緒で

ユニット曲(ゲームサイズ) 数曲
主演アイドル個人曲その1&MC

ユニット曲(ゲームサイズ) 数曲
主演アイドル個人曲その2&MC

といった流れで1時間の公演です。

ユニット曲はセットリストが2パターンあるのも1stと同じで私が行った時は9/17のやよいと9/23の律子回が同じユニット曲で、10/8のやよい回が別パターンのセトリでした。

個人曲は日が違っても同じで、やよいはゲンキトリッパーとスマイル体操、律子はlivEと恋するミカタでした、最高かよ。

ちなみに1stと2nd両方に主演している春香、真、雪歩の個人曲は1stと2ndでそれぞれ変更になっているのでリピートしても楽しめるようになっていました。


その他、MCでアイドルからご指名されることがありますが、1stの時は挙手したり叫んだりアピールして指名されてたのが、2ndからルーレットのような演出でサイドモニタに席番号が表示されて当たった人が受け答えするようになりましたので、クイズがわからなくても指名されたり、無茶振りされたりもする、ある意味恐ろしいシステムになっていますw

また、律子回のときには公演時間前に客席でP同士がしていた立ち話について質問されたりもあったので、どうやら開演前からチェックが入っているようです。

それと、1stからのちょっとして変化というか、会場の女性スタッフが律子回の時は眼鏡を着用していたり、やよい回の時はツインテールだったり、春香回の時はリボンを付けていたりと気を利かせてくれていたのが嬉しかったです。


各公演については写真付きのレポートなどが各メディアに上がっているのでそれを見ていただくのがいいのかなと思いますが、MRステージに関しては、写真や動画ですらその良さがなかなか伝わりにくいので「いいからとにかく1回観て」となってしまうのが難しいところです。
ツイッターなどをチェックしてると公演終了直後は行った人はほとんど「凄い」「楽しい」「かわいい」「かっこいい」「そこにいた」などの語彙力低めの感想をツイートしているところから察していただければと思います。


今回私が行った公演について言うならば、律子回は感慨深いという感想ですかね、MCでアイドル活動について想いを語ってくれたのがすごく心にしみました。

やよい回はとにかくかわいかった、仕草がちょこまかしたり元気に飛び跳ねたりとどう見てもやよいだし、MCの時の受け答えでちょっと詰まったりするのもやよいっぽくてすごくよかったです(語彙力)
やよい回は2回行きましたが初日の時よりも10/8の回のほうがMC時に鋭くツッコミを入れてくるようになってて「おー、成長してる」という感覚も味わえます。

このへんのMC時のやり取りや個人曲での歌唱やダンスは各アイドルごとに色が出ていて、アイドルの評価軸は一つではない、というのを思い知らされます。


それと、10/8のやよい回の時はこんな感じで前日に仕掛けられた亜美真美のいたずらブーブークッションをやよいが片付けた、という感じで会場横に箒などが置かれていました、こういうのもそこにいる感を高めてくれる面白い配慮です。

3rdがあればぜひとも伊織と美希にも主演してもらいたいし、やよいももう1度会いたいので、MRステージを応援しています。


関連リンク
公式 THE IDOLM@STER MR ST@GE!! MUSIC♪GROOVE☆2nd SEASON

ファミ通.com 萩原雪歩が決意表明!? “THE IDOLM@STER MR ST@GE!! MUSIC♪ GROOVE☆ 2nd SEASON”初日公演をリポート

CNET Japan 次元を超えたアイマスMRライブの双海亜美・真美公演で感じた“夢のような時間”






PR
8月4日/5日に行われた
「THE IDOLM@STER PRODUCER MEETING 2018 What is TOP!!!!!!!!!!!!!?」
に現地参加してきました、とても楽しかったです。
席は初日がアリーナA2の最前列、2日目が2FスタンドCの5列目でした(両方ゲーム先行で当選)

ただし、本記事はイベント本編の内容や感想ではなくその前後のあれこれを備忘録的にまとめて
書いておくものなのであしからず。




8月4日
限定CDとやよいトートバッグが欲しかったので10:30からCD列に並んで11:00にCD購入。
それからグッズ列に並んで12:00にバッグ購入。
結果から言うと両方とも完売はなかったので昼過ぎにふらっと来て並ばずに買うのが正解でしたがしょうがないね。
天気がすごく暑かったので帽子無いと危ない、この日は500mlのペットボトルを公演前に4本、公演中に2本飲みました。


移動中にネコトモを発見!名刺いただきました。
アイマス8thライブの時のクマトモを思い出してテンション上がりますw

物販終わったあとお昼ご飯食べて、キューポッシュのオフ会というか集合に参加。
アイドルマスター プロデューサーミーティング2018 キューポッシュ展開


私はやよいと伊織を連れて参加しました。


以前のWFで出したガレキを完成させて持ってきた人が3人もいて感謝です。


時間帯により入れ替わりがありますが全体はこんな感じ。
自作や改造品も多いです。


8月5日
物販とかが済んでいるので昼過ぎにのんびりと現地入り


こちらは2日目の全体の様子。


この日はついでにDDPのやよいも連れていきました。
隣の伊織はうちのではなくて別オーナーさんのものです、自作の私服とかアイでカスタムしててかわいいです。

という事でイベント本編以外も楽しい2日間でした。







プロミお疲れ様でした、とても楽しかったです。

「戦国ふさにゃんぼう」さんのガレキ、やよを作りました。
以前のワンフェスで購入したもので、ぷちます10周年というのもあって、タイミングを合わせて8月4日にツイッターの方にアップしましたらかなり好評でよかったです。




ぷちます6巻のRPG風キャラ紹介イラストがモチーフでパーツの分割とかきっちりしててとても組みやすいキットでした、価格もお手頃だったのでガレキ初心者にもおすすめです。



途中写真とかあまり残ってませんが普通に組み立てて普通に塗っています。


塗り分けは基本ちまちまマスキングしてエアブラシですが、細いラインはスジ彫りを深めに掘ってエナメル系で墨入れしています。
瞳は付属のデカールで仕上げました、お手軽でちょー楽ちん。

最近、ガレキとかはWFの展示用に自分のを作ってばかりだったので、そうでないガレキをきっちり完成させられたので楽しかったです。


TINAMIとFig-Moにも投稿しているので支援等お願いします。








週一くらいのペースでブログ更新できるといいなと春くらいからがんばっています。
でも、「〇〇作った」みたいなネタは簡単にはできないのでフィギュアのお話です。

PhatのアニマスBDパッケージのフィギュアの天海春香と如月千早です。

まずは千早。


このシリーズでも座りポーズは何体かありましたが椅子付きです。
個人的には千早の私服にしては珍しいミニスカートと黒ストッキングが嬉しい。

そして春香。


春香が出たことで、2014年5月の響の発売から4年かけて765プロのアイドルが全員揃いました。
アイマスのフィギュアって大抵は春香が最初に出ていつの間にか尻すぼみ的に全員揃わないままシリーズが終わってしまうことが多い中で、シリーズの最後に千早と春香を持ってきて完走したことに拍手を送りたいです。
さらに追加で小鳥さんの発売のアナウンスもありましたので期待して待っています。


普段は各部屋に分散して展示してあるのを集めて撮影。
ちなみにやよいと伊織は2個買っているので未開封のものが押し入れに眠っています。
アニメの放送開始が2011年7月なのでよくここまで続いたとなりますね。





この連休中に現在開催中の
「THE IDOLM@STER MR ST@GE!! MUSIC♪GROOVE☆」
に参加してきました。

あまりに凄い体験だったので、これは伝えておかなければと乏しい語彙で書き連ねておきます。


私は5/1の真の初回、5/3の貴音の初回に参加、この後5/18の千早も参加予定です。



当初このアイマスMRが発表された時は何をやるのかよくわかりにくい上記のPVと発表ニコ生くらいしか前情報がなくて、以前プロミ2017でお披露目した立体映像の春香で初音ミクっぽいライブをやるのかなと言う程度の認識でした。

劇場のキャパが350人くらいなので競争率高そうなので4口申し込んで初日の春香が落選で真、貴音、千早が当選となりました。(※チケット代が高額で競争率低かった模様。)


この、チケットに書かれた主演アイドル「菊地真」「四条貴音」という名前の強さよ。


初日の春香回に参加したPたちが口を揃えて凄い凄いいうので期待しつつ5/1の真(初回)に参加。

開催地のDMM VRシアターは座席がA~P列までありますが、最前にパイプ椅子でAA列が追加されていました。

後方にはPA席もあり年末のニコ生特番でよく見るおじさんたちもいました。

席の段差が2列につき1段上る感じなので段差直後の席じゃないと前の人の頭が邪魔で見にくいかもしれません。(※あまり段差が急だとスクリーンと高度差が付いて立体に見えにくくなる?)

私は真回はF列中央、貴音回はA列左端といった感じでした。ちょっと見上げる感じになりますが端であってもA列のほうが良いと感じました。

MR(複合現実)ということで特にゴーグルを装着ということはなくて普通のライブと同じように鑑賞します。


大雑把な流れはいつものアイマスライブと同じで
  • 社長の挨拶、小鳥さんの前説(諸注意)
  • ユニット曲パート前半(ゲームサイズ8曲)
  • 主演アイドルソロ曲1、MC
  • ユニット曲パート後半(ゲームサイズ5曲)
  • 主演アイドルソロ曲2、MC
  • 社長の締め

ちょうど1時間となります。


ユニット曲前半は春香、真、響パターンと、貴音、雪歩、おそらく千早パターンの2種類のセットリストがあるので2回参加しとくのも良いと思います。

セットリストはネタバレになるので書きませんが古いのから新しいの、ミリオン曲にぷちます曲までと幅広くカバーしています。

曲と曲の切り替えは実際の声優さんのライブと違って出はけが無いので一瞬で切り替わるので無理に電気棒ゴソゴソしてると見逃しが多くなるので気をつけましょう。

実際どんなふうに見えるのかですが、最初ぱっと見た感じはステラステージのステージシーンを大画面で見ているようなイメージでした。

でもしばらく見ているとだんだん立体的に見えてくるというか、脳が騙されているというかそこにアイドルがいる感が強まってきます、不思議な感覚です。

ソロ曲になるとスクリーンのアイドルと一緒にバックダンサー(変な言い方ですがダンサーさんはリアルの人間です)がステージ上で踊るのでもう完全に真が、貴音がそこにいるという感じになりました、この手のMRライブは初めてだったのでかなりの衝撃を受けました。

そして2回目の貴音回の時はより素早く立体的に認識できるようになってました。


主演アイドルのソロ曲については、リアルタイムでモーションと歌唱を当てているようでそのへんも生々しさが出ます。

MCのときも、観客との受け答えがちゃんとできていて「何列目のあなた」みたいな感じで名指しされることもあり、アイドルと観客との近さ、やり取りの密度は小さい箱ならではです。

MC中の仕草も元気な感じの真と艶やかな貴音とでちゃんと再現されてて凄かったです。

ソロ2曲目で着る衣装を会場のその場でアンケートで決めるというのもあって、真の時は「トキメキサマー」、貴音の時は「ピュアポップハート」が選ばれました。みんなへそ出し好きw



アイマスやっていて常に思うアイドルを2次元からこっちの世界に引っ張り出して具現化したいというのに一歩近づいたなというとても貴重な体験ができました。

このVRやMRというのは技術の進歩が早いので数年後にはとんでもないことになってそうな期待が持てます、そして今回のDMM VRシアターでの公演がVR/MR時代のアイマスにとっての赤羽会館になるのかなと思っています。

とにかくこれは言葉では伝えにくいけど体験すれば即座に凄さが理解できると思います、まだ今月末まで週末に公演がありチケットも購入できますので、一度は参加しておくのをおすすめします。

そして今回主演をつとめていないやよいの主演公演を実現させてほしいのです。(これが言いたかった)

関連リンク
公式 THE IDOLM@STER MR ST@GE!! MUSIC♪GROOVE☆公式サイト


追記:2018年9月~10月に開催された「THE IDOLM@STER MR ST@GE!! MUSIC♪GROOVE☆2nd SEASON」についても書きました。
アイマスMRステージでカワイイの最先端を観てきた








忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 17 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[06/10 ロバート]
[06/10 ロバート]
[01/10 通りすがりの一般人]
ニコニコ動画マイリスト


【ニコニコ動画】律子ドールを作ってみる
【ニコニコ動画】ピンキーでやよいを作ってみる
【ニコニコ動画】アイマス走行会
【ニコニコ動画】さいちんPのアイマスお気に入り
【ニコニコ動画】さいちんPの栞
プロフィール
HN:
さいちんP
性別:
男性
自己紹介:
 
Twitter   @saichinP

TINAMI   プロフィール

Fig-Mo   プロフィール










ブログ内検索
バーコード